内臓脂肪どうすれば、内臓脂肪燃焼できるか?



つきやすい 内臓脂肪
どうすれば、落ちるのか?

内臓脂肪は脂肪酸の出し入れが容易です。


筋肉が体重に対して女性より10%増しの男性は、
筋肉を動かすための熱源となる内臓脂肪を、
女性よりも多く持ちやすい傾向にあります。


男性ホルモンは筋肉を増加させると共に、
その熱源の内臓脂肪を増加させる作用があるので
男性は内臓脂肪がつきやすく
太っ腹になりやすいのです


内臓脂肪燃焼どうすれば、内臓脂肪が落ちるのか?

簡単!! ラクラク!!

短期間で効果の出る、内臓脂肪燃焼法!!

茨城キリスト教大学 生活科学部食物健康科学科 
医学博士 板倉弘重 先生が

「内臓脂肪を減らすには、
横隔膜を動かすことが必要です。」と おしゃっています


お腹に溜まった脂肪で、上に押し上げられた横隔膜。

これを動かし、肺を膨らませれば

酸素摂取量が増えて脂肪が燃えやすい身体に!


それだけでなく、横隔膜を動かすと腸も刺激を受け、
ぜん動運動が活発化。

内臓脂肪はそのエネルギーとして使われるのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31460778

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。