ダイエットによる痩身とリバウンド



ダイエットによる痩身とリバウンド
ダイエットを行って目標体重、
もしくはそれ以下まで落とした後、
減量前まで体重を戻してしまう事
これをリバウンドといいます・

ダイエットにおけるリバウンドを正しく理解するには、
生体維持機能である
ホメオタシスについて知ることが求められます。


ダイエット後に体重が、以前より増えてしまう現象を
ダイエットのリバウンドというのはご承知の通りです。
これはダイエットを実際に行った多くの人が経験している事でしょう。
リバウンドは先に書きましたが、
人がほんらい持つホメオスタシスという機能と関係があるのです。


なにかの事情で周囲の環境が変っても、
体温維持や血糖値、血圧の調整など
生命活動に必須な機能を正常に保つ働きをするのがホメオタシスです。
食物の摂取量が急に少なくなった状態に陥ると
ホメオタシスが働いて、
効率よくエネルギー源を取り込み蓄えようとします。
ダイエットをしている場合は、
通常、食事制限をしますのでこの働きが起こりうるわけです。
食事の際には、脂肪細胞から出されるレプチンが
満腹中枢を刺激して、満腹感を感じます。
このレプチンの分泌量と脂肪吸収量が、
ホメオスタシスによって平常のバランスが
くずれるときにリバウンドが起こります。


これを防ぐには、バランスに以上をきたさない程度の
緩やかな体重減少、食事制限が望ましいという事になります。
過激なダイエットがリバウンドで
だいなしになるのはこういうメカニズムがあるからです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31460790

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。