ゲルマニウムデトックス



ゲルマニウムとは、金属と非金属の中間に位置する


半導体のことをいいます。

最近このゲルマニウムが注目されているのは、

マイナスイオンや遠赤外線を放出する特徴や

デトリックス効果があるがあるからです。

このゲルマニウムから発する

マイナスイオンが生体電流の乱れによる肩こりや疲れ、

冷えなどを整え、血液や神経の伝達を活発にする効果があると云われています。

またこのゲルマニウムには、体内に大量の酸素を作り出す働きもあるので、

デトリックス効果があるということです。

ちょっとわかりにくいですね。

酸素は血液と一緒に全身に栄養を運び、老廃物を回収する働きをしています。

この酸素が足りなくなると身体への栄養の供給が妨げられ、

老廃物も回収できずにたまってしまうのです。

その結果、血管内が酸欠状態になると内皮を傷つけ、

悪玉コレステロールの増加や動脈硬化の促進につながり、

老化を早めることになってしまいます。酸素が増えれば、

デトリックス効果があるということです。

この酸素を増やす方法に、ゲルマニウム温浴というものがあります。

42〜45℃の有機ゲルマニウムを溶かしたお湯に手足を浸し、

20分ほど温めるというものです。

身体の3分の2の末梢神経が集中する手足を温めると、

皮膚呼吸によりゲルマニウムが全身に行き渡ります。

ゲルマニウムが発するマイナスイオンと遠赤外線によって身体が芯から温まり、

短時間で大量の汗をかくことができます。この汗は皮脂腺から出る汗なので、

体内の余分な脂肪、老廃物有害な毒素を体外へ運び出してくれるのです。

このように新陳代謝が活性化され事で自然治癒力も高まり、

身体の各器官の機能も正常になり体調も整い、

もちろん血液の酸欠状態も改善されるのです。

このゲルマニウム温浴

専用のゲルマニウム温浴機が完備された施設で行うことが多いですが、

最近では、自宅の浴槽で手軽にゲルマニウム温浴ができる

ボールタイプの商品なども出てきています。

ゲルマニウム温浴は、たった20分で、

エアロビクスを2時間行った場合と同じカロリーを消費できるので、

ダイエットにもおすすめです。

でもいいからといって長時間行うのはかえって逆効果になります。

20分以上の温浴はのぼせ状態になり、

身体を疲れさせる原因になるからです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31460800

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。