有害ミネラル


有害ミネラルを取り入れないこと、

そして蓄積させずに排出することが健康管理には大切です。

この有害ミネラルを蓄積させずに排出するには、

腸内環境を整えるような食事を取ることや、

リンパの流れをスムーズにして老廃物の排出を促進させるような、

適度な運動やマッサージが必要になります。


しかし、忙しい日常では、常に食事に気をつけたり、

運動するための時間を取ることは、ちょっと難しい、

そんなあなたに必要になるのが、サプリメントです。

サプリメントには、様々な種類がありますが、

フラクトオリゴ糖、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、

カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、カリウムなどがあります。

カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、カリウムは、

ミネラルと呼ばれています。では、それぞれの特徴を見ていきましょう。


フラクトオリゴ糖について

フラクトオリゴ糖は、消化酵素で消化されずに腸まで届き、

ビフィズス菌のエサとなってくれます。

ビフィズス菌は腸内の善玉菌を増やして悪玉菌から発生する

有害物質を抑えてくれたり、腸内を酸性に保つなど腸の環境を整える働きがあります。


ビタミンB1について


ビタミンB1は炭水化物の代謝を促進し、便秘や消化不良を解消します。


ビタミンCについて


ビタミンCは下剤としての効果もあり、老廃物の排出を助けてくれます。

また、活性酸素を抑える抗酸化作用の働きもあります。


ビタミンEについて


ビタミンEは脂溶性で、血行をよくしたり、細胞の再生を助け、

老化を防ぐ働きがあります。

ビタミンCと同じように活性酸素を抑える抗酸化作用の働きもあります。

カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、カリウムなどのミネラルについて


ミネラルとは、私たちの身体に必要不可欠な微量成分で、

体内にはわずか3.3%しか含まれていません。

ミネラルは互いに協力し合いながら代謝不全や生活習慣病などを予防したり、

生命維持のための酵素の働きを助けたりと大活躍なのです。

これらを必須ミネラルと呼びます。また必須ミネラルとは、

逆に有害ミネラルと呼ばれるものがあります。有害ミネラルは、

病気や老化現象を引き起こします。環境汚染が進む現代では、

水道水や排気ガス、タバコの煙、酸性雨、水銀に汚染された魚介類など、

いたるところから体内に有害ミネラルが入り込み、

それが蓄積されているのです。

有害ミネラルの蓄積量が多くなるということは、

体内の細胞が「サビる」ことであり、

老化が進んだり、ガンや動脈硬化、痴呆などの病気も引き起こしたりするのです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。