有害物質の毒素の排出


身体の中にたまった有害物質の毒素を最も排出できるのが排便です。


身体には毒素を排出するさまざまな機能がありますが、

その7割前後が便からの排出と云われています。

その排便が滞る状態を宿便といいます。難しい言葉で言えば、滞留便といいます。

この宿便がたまってしまうと、消化吸収力が低下し、新陳代謝も悪くなるので、

ダイエットをしてもなかなか痩せない身体になってしまいます。

また、消化吸収力が低下するので、必要な栄養が取り入れられなくなります。

宿便は悪玉菌も繁殖させて毒素を体中に撒き散らしてしまうので、

吹き出物など肌荒れの原因にもなります。

この宿を排出して腸をすっきりさせることによって、

善玉菌を取り入れ腸内環境がが整えられるのです。

そのために有効な方法として最近注目されているのが「腸内洗浄」です。

腸内洗浄は病院で行われているものです。

腸内洗浄は、大腸の検査を受ける前に受けるもしくは、

人工肛門の方なども行なわれる場合もあります。

最近では宿便を排出する効果があることに注目し、

ひとつの健康法として広く受け入れられています。

腸内を洗浄することで排泄物を除去し、

腸内細菌のバランスを整えてくれます。

刺激を与えることで細胞も活性化するので

身体全体の健康と老化防止にも効果があります。

というこうとは。宿便を排出することが、、最高のデトックスになります。

最近では、腸内洗浄キッドなども販売されています。

自宅で気軽に行うことができるようになっております。

腸内洗浄の方法は、まず基本的に肛門からお湯などを入れます。


腸内洗浄といっていますが、


実は、腸全体を洗浄するわけではなく

腸の肛門に近い一部を洗浄しているだけです。

これ以上奥の方まで洗浄するのは苦痛ですし

腸に傷を付けるおそれもある為危険です。

腸内洗浄は肛門付近の腸を洗浄するだけで

効果は充分得られますのでご家庭でする場合は、

この方法で十分効果が得られます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31460802

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。