大豆加工食腐乳



大豆加工食腐乳

(ふにゅう、フウルウ)は、

豆腐に麹をつけ、塩水中で発酵させた食品。

独特の臭みと塩辛さがあり、

粥に入れて食べるほか、炒め物、

煮込み料理などに調味料として用いられる。

発酵に使う麹に紅麹を使用したものは

紅腐乳(ホンフウルウ)と呼ばれる。

発酵の際にトウガラシを加えて辛味をつけたものもある。







大豆加工食臭豆腐



大豆加工食臭豆腐

臭豆腐(しゅうどうふ、ピンインは、豆腐を使った中国料理の一つ。主に軽食として屋台で売られるが、
レストランで出る場合もある。

植物の汁と石灰等を混合し、納豆菌と酪酸菌によって発酵させた漬け汁に豆腐を一晩程度つけ込んだ物。


豆腐の植物性タンパク質が漬け汁の作用で、

一部アミノ酸に代わって、
独特の風味と独特の凄まじい臭気を発するようになる。

中国、台湾、香港では広く食べられているが、

人によって好みが分かれてしまう食材である。

地元民であっても食べられない者は多い。

地域によって使用する漬け汁を含めて、

製作方法が違うため、形と食べ方も大きく異なる。

台湾と華南では油で揚げて豆板醤のタレをつけて食べる。

湖南省長沙の漬け汁は真っ黒で、

白い豆腐が黒く変色してしまうが、

これも揚げて激辛のタレをかけて食べる。

他には、煮込んで食べたり、創作料理として、

臭豆腐をつぶして、野菜のみじん切りや調味料を加え、

蒸して成型したものを出すレストランもある。

北京や東北地方では、

塩分の高い汁に比較的長期間浸けたもので、

腐乳に近いものであるが、

そのままを粥などのおかずとして食べるのが主流である。


大豆加工食豆乳



大豆加工食豆乳

豆乳 (とうにゅう) とは、大豆を水に浸してすりつぶし、

水を加えて煮つめ、こした飲料である。

牛乳に似た食感がある。

9日食べて4kg減豆乳クッキーは 

簡単おいしくダイエットできる定番です。



なお豆腐はこれににがりなどの凝固剤を加えた物です。


大豆から豆乳を絞った残りかすをおからと言う。


甘味料・香料・植物油などを加えて飲みやすくした

「調製豆乳(ちょうせいとうにゅう)」も販売されている、

区別するため普通のものは「無調整豆乳」と

表記しているものもある。

健康志向・自然志向も手伝って

無調整豆乳の需要が増えている。

豆乳を煮たとき、

表面にできる薄皮を引き上げたものをゆば(湯葉・湯波)といい、

おもに吸い物などの具として使われる。

中国文化圏では暖めた豆乳に砂糖を加えた物に

油条を浸して食べる習慣がある。

もともとは北方中国ローカルのメニューだったが、

1955年に台北県永和市で開店した豆漿店、

「世界豆漿大王」(現、新世界豆漿大王)が人気を集めた事に

よって中国文化圏を代表する軽食として知られるようになった。

中国には大豆以外に緑豆、黒豆の豆乳もある。

アメリカではダイエット食品としてバニラ味やチョコレート味が

人気があり、日本でもダイエット食品として人気がある。

また近年は「豆乳鍋」など豆乳を使った料理の人気が

高まっているなか あまり知られていないが、

牛乳の代わりに豆乳を使用した

ヨーグルト・チーズ・アイスクリームなどの加工食品も存在する。

豆乳寒天クッキーなら


空腹感を感じることなくダイエットが


できちゃうんです♪

1食わずか100kcalなのに空腹感を感じないそのワケは…





クッキーに入っている寒天パワー☆
寒天はお腹の中で膨張するから、たった1枚のクッキーでも
満腹感があるんです♪





大目の水分と一緒に摂るとより効果的☆

しかも!寒天には食物繊維がぎ〜っしり詰まっているから
お腹スッキリ☆

お腹の中をキレイにするだけで2〜3kgも痩せられて、

お肌もキレイになっちゃいます♪

気になる栄養も豆乳パワーでバッチリ☆

クッキーに含まれる豆乳には1食分に

必要な栄養素がぎゅ♪っと詰まっています



大豆加工食 ゆば



大豆加工食 ゆば

ゆば(湯葉、湯波、油皮)は、大豆の加工食品の一つ。豆乳を加熱した時、ラムスデン現象によって液面に形成される膜を、竹串などを使って引き上げた物である。

精進料理の材料の一つとして、中国から日本に伝わった。


日本のゆば


京都と日光が産地として有名で、

京都では「湯葉」、

日光では「湯波」と表記する。

日本では、

引き上げた湯葉を生湯葉(または引き上げ湯葉)と呼び、

料理の材料にする他、刺身と同様にそのまま食べる。

また、普茶料理でもよく使用される。

生湯葉のほかに、生湯葉を乾燥させた物、


半乾燥の状態のうちに巻いたり、

結び目を作った物など、様々な種類が市販されている。

巻いた状態の物は吸い物の具にされる事が多く、

シート状の物は、復して各種の

湯葉巻き料理にされる事が多い。

ゆばスィーツ も最近のはやりですね




おからダイエット大豆加工食おから




おからダイエット大豆加工食おから

おからは日本特有の食品の一種。

豆腐を製造する過程で、

大豆から豆乳を絞った後に残ったもの。

繊維質を多く含み、火を通して食べることが多い。

おから」は絞りかすの意であるが(茶殻の「がら」などと同源)、「から」が空に通じるとして、
縁起をかついで卯の花(うのはな。主に関東)、
雪花菜(きらず。主に関西)などと言いかえることもある。

「卯の花」はおからが白いところから、
「きらず」は包丁を使わずに
食べられるところから、ついた名前。


調理法

油揚げ、椎茸、にんじんなどといっしょに出汁で甘めに煮付けるのがもっとも一般的な調理法。

おから自体の甘みと相俟って独特の風味がある。

豆腐ハンバーグよろしく揚げ物や肉詰めなどの料理に、

肉の代りに用いることもある。

水分をよく切るのがコツ。おからダイエットはカロリーをおさえる効果がある。

高知県中部には、鯛の腹におからを詰め、

蒸し物にする独特の郷土料理がある。

鯛の滋味がおからにうつり、風趣はなはだよろしい。

近年は食物繊維が豊富な食材として、

おからおからダイエットケーキ
おからおからダイエットクッキーとして人気がある


シェフの味、9日食べて4kg減豆乳おからクッキーダイエット






大豆加工食黄粉



大豆加工食黄粉

(きなこ)は、ダイズを炒って皮を剥き、挽いた粉である。

餅にからめて食べたり、和菓子の原料とする。

和菓子で黄粉をそのまま使ったものとしては、

きな粉ねじりがある。また、牛乳や豆乳などに

混ぜて飲むこともある。




大豆加工食ずんだ



大豆加工食ずんだ

(づんだとも表記)は、大豆(枝豆)をすりつぶして作る

緑色の餡である。

宮城県と山形県の郷土料理であり、

ずんだ餅として食べることが多い。

山形県ではじんだんと呼ばれることもある。

山形県福島県地方では、

元来「豆ヌタ」または単に「ヌタ」と呼んでいたが、

宮城県地方(主に仙台地方)での呼称の「ずんだ」が有名になり、

次第に前述の地方でも主におみやげ物などでは「ずんだ」が

使用されるようになっている。

語源は諸説あるが「豆を打つ」ことから、
「豆打」が「豆ん打」に転化したものと思われる。

ずんだの元となる青ばた豆の鮮やかな緑色は

夏の(とくにお盆のお供えとして)風物詩でもある。

東北以外に住んでいる人にとっては

枝豆に砂糖を混ぜる」ということに関する理解が得られにくく、

好みが分かれる食べ物の一つであると言えるだろう。

近年では、JR仙台駅に「ずんだカフェ」がオープンし、

仙台空港にも「ずんだシェイク」が売られ、

羽田空港にもずんだ餅のお土産を売るコーナーが出来ている。

東京駅大丸内に進出を果たすなど、

その人気は仙台を飛び越えて全国的に広まりつつある。

  *********************************


   ずんだ の つくりかた

   枝豆(青ばた豆)の大豆をゆでる。


   豆をさやから取り出し、薄皮を取り除く。


   すり鉢を使い、ペースト状になるまで潰す


    (多少、粒が残る程度に)。


   砂糖(適量)・塩(少々)を加え、よく混ぜ合わせる






大豆加工食ケチャップマニス



大豆加工食ケチャップマニス

ケチャップマニスは、インドネシアの甘くどろっとした醤油。

大豆と小麦を発酵させ、
黒砂糖、ショウガ、コリアンダーなどを加えてつくる。

ナシゴレン、ミーゴレン、
サテなどインドネシア料理の調味には欠かせない調味料である。

ケチャップマニスは、

醤油よりはケチャップに食感が似ている。

甘さを抑えた辛口醤油は、ケチャップアシンという。

こちらのほうが日本の醤油に近い。








高野豆腐



大豆加工食


高野豆腐


(こうやどうふ)とは、

豆腐を凍結乾燥させた保存食である。

乾燥状態では軽く締まったスポンジ状で、

これを水で戻し、だし汁で煮込むなどして味を付ける。

加工しやすくどのような味つけでも可能 

舌ざわりは 好みでしょう 。。日本の名品セットに入ってます。








大豆加工食品



豆腐  

油揚げ

厚揚げ

がんもどき

醤油

納豆

味噌


      栃尾の油揚げセット【快適生活】


   この組み合わせが 最高♪ ぜーんぶ大豆です


     油揚げ×5枚(甘みそ、塩山椒つき)
       おからケーキおからクッキー 


ここまでは 皆さん〜なじみがあるものです

でも 大豆って 普通に 大豆摂取できて

お世話になってるものですね






大豆の加工食品



大豆の加工食品

日本は大豆の加工技術については群を抜いている。

アジア地域ではダイズが様々に加工されて

食べられているが

日本ほどバリエーションに富んでいる国はない。

  大豆加工食品種類は 次項で

例えば居酒屋などで出される簡単な肴として、

開いた油揚げに納豆を詰め、

焼いて醤油をかけたもの、

などがあるが、これらは全てダイズ原料

(揚げの揚げ油に大豆油を使えば完璧♪)




沖縄の郷土料理



大豆加工食腐乳

(ふにゅう、フウルウ)は、

豆腐に麹をつけ、塩水中で発酵させた食品。

独特の臭みと塩辛さがあり、

粥に入れて食べるほか、炒め物、

煮込み料理などに調味料として用いられる。

発酵に使う麹に紅麹を使用したものは

紅腐乳(ホンフウルウ)と呼ばれる。

発酵の際にトウガラシを加えて辛味をつけたものもある。







大豆加工食豆腐よう  



(とうふよう、豆腐ようは、豆腐を使った沖縄の郷土料理。

島豆腐を米麹、紅麹、泡盛によって発酵・

熟成させた発酵食品である。

交易国家として栄えていた琉球王朝時代に

中国から伝えられた「乳腐」が元になったと言われている。

   豆腐アイテム百選



麹菌発酵の効果で

チーズと練りウニをあわせたような味わいが特徴。

より熟成が進んだものほど、豆腐の味はしなくなる。

泡盛とともに供するのが

最高の組み合わせといわれているが、

ビールや焼酎などともよく合う。

栄養価も高く、琉球王朝時代には、

高貴な人々の間で病後の滋養食としても重宝されたという。


        豆腐アイテム百選














大豆加工食テンペの機能性食品




大豆加工食テンペ機能性食品


 テンペ 加工品

更年期の女性には 最適の一品


いつまでも女性らしい輝きを。

肌荒れ、ほてり、イライラなどに。

イソフラテンペ 2g×30包 大豆をテンペ菌で発酵させた

「テンペ」を粉末にして摂りやすくした

保健機能食品(栄養機能食品)です。

胃からも吸収してしまうほど吸収が早い

「アグリゴン型イソフラボン」新陳代謝をよくし

美肌を作るビタミン「ビタミンB2・6・12」などが

主成分です。 そのまま粉薬のように水で飲んだり、

味噌汁に加えたり、ヨーグルトに加えたり、

摂り方はアイディア次第でいくらでも。 テンペ効果






大豆加工食品テンペ



大豆加工食品テンペ


         ←テンペ調理前

テンペはインドネシアなどの東南アジア諸国で大豆などを

テンペ菌で発酵させる醗酵食品。

味は納豆に似ており、弱い臭気があるが、糸を引くことはない。

テンペを作るにはまず大豆を丸ごと煮てやわらかくし、
砕いたりつぶしたりする。

酸味料(多くは酢)を加え、テンペ菌と呼ばれるタネを混ぜる。

薄くのばして30℃程度で約24時間醗酵させる。

良質のテンペでは豆が白い菌糸の層と織り合わされた状態となる

醗酵時間が長すぎると表面に黒い胞子が生成するが、

これには害はない(質は落ちる)。アンモニア臭の少ない方が良質である。

テンペでは大豆タンパク質が醗酵によって

消化されやすくなっており、

また不消化でガスの原因となるオリゴ糖が特に減少している。

伝統的なテンペ屋で用いるタネにはテンペ菌以外にも有用な

細菌(ビタミンB12などのビタミンを生成する)を含むことが多いが、先進国では純粋培養したテンペ菌を用いるのが普通である。

テンペは食物繊維も多く含む。

テンペ効果 ←更年期の女性に朗報
 
調理には、小さく切り、塩水や魚醤などに漬けて
油で揚げることが多い。

調理したテンペはそのまま食べたり、
チリ、スープ、シチューなどに入れる。

テンペは複雑なにおい
(ナッツ様、肉様、あるいはキノコ様)を有する。

テンペは冷凍することもでき、
現在では多くの先進国で入手できる。






大豆イソフラボン



大豆イソフラボン


ちょっと年配になると 更年期障害がありますよね

理由無く いらいら したりのぼせたり 本人は 結構つらい

医者にいけば 。合成物質のホルモン薬 頂けます

 大丈夫かな?長期使用・・

大豆イソフラボンって 女性ホルモンエストロゲンと似ていて 

安全に体内に吸収できるんですよ   


大豆食品は崩れがちなホルモンバランス正常にする

 ↑↑↑ここ大事ですよ

美容と健康のために、大豆食品を毎日食べましょ〜〜〜〜。

      
とはいえ あきるという事と 毎日大豆たべるのは 

大変っていうのが現状かな

そこで むむっと調べました


大豆のいいとこどりした ものないかと・・・

もっと手軽に取れる方法




大豆と健康




大豆と健康

世界的な健康志向の中で、

「ミラクルフード」と呼ばれている大豆


西欧化した食事、肉中心の食事から、

魚・野菜中心の食事への転換。

その中で今、見直されている食材が大豆ちゃん。

味噌、醤油、豆腐、納豆、煮大豆など大豆原料の食品は、

古来、日本人の食生活の中心。大豆

 あのしろっぽいまるいつぶが 

長寿国日本を裏から支えてきたんです 

                    

 この可憐な花 豆の花 です↓↓↓
  
大豆ちゃんすご! 

大豆は こ〜んな凄い食品 

大豆は「畑のお肉」って しってるでしょ

良質なたんぱく質、カルシウムなどのミネラルがいっぱい、

しかもバランス良ーーーーい

理想のプロポーションを作りたいなら、大豆ペプチドは必須


大豆タンパク質は体内で作る事不可の 必須アミノ酸がおおい〜

 ↑↑↑必要なもの↑↑↑

悪玉コレステロールの原因となる

 飽和脂肪酸が少ない

 ↑↑↑ほしくないもの ↑↑↑

 自然素材で自力ダイエット

大豆に含まれる栄養素、


大豆サポニンにはコレステロールの吸収を抑えて


分解する働きがあり、中性脂肪を減少させて、


更に消化器官からの脂肪の


吸収を抑える作用があります。


しかも、食物繊維をたっぷりです☆ 


今、話題の寒天と同様に満腹感を得られ、


お腹の中の溜まっているものを出してしまいますので


お腹スッキリ♪


常食することにより、体質を変えずに健康的に


肥満体質の改善が期待できます








広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。